文系大学生は暇すぎる。週に何回大学に行くのか?リアルな声を紹介

はじめに文系大学生は暇すぎるという点に関しては個人の意欲大学を利用してやりたいことがあるかないかで変わってきます

一般的な例として授業の事例を紹介します

大学生になると授業においては必修科目を除いて各自で学びたい科目を選択し履修することになります

自分がどのような学部学科に進学するにもよりますが基本的に文系は自主性が求められます

私は経済学部ですが必修の学科科目以外は他の学科の興味のある科目を履修していました

ただし文系では自ら暇になることは出来ます

なぜかと言うと理系と比べて必修科目の数が少ないという点が挙げられます

文系であれば、理系に比べてより自由に履修する科目を選択することができます。

そのため、単位取得条件が優しいものを片っ端から選ぶということです

例えば出席するだけで単位がもらえる科目レポートを出すだけで単位がもらえる科目定期テストがとても易しい科目などです

私の身の回りには必要最低限の回数のみ出席しそれ以外は学校に来ない人見受けられました

授業に限らず部活動やサークルなどで大学に行かなくてはならない機会を除くとかなりの時間創出できると考えています

ただ単位が足りず卒業できない人もちらほらいるようなので休みすぎには注意が必要です

大学に週何回行くのかについても人によって様々です

まず入学後2年程度は文系や理系関わらず必修科目から卒業に必要な単位の取得に注力するためたいていの人は時間に余裕が見られないのが一般的です

文系大学生の2つのタイプ

私の周りの人は2つのタイプの人がいました

タイプ1:1・2年頑張り型

1つ目は2年までに卒業に必要な単位を全て取り終えて3年から4年は単位に縛られなくないタイプの人です

このタイプの人は部活動などには所属していない人が多いです

1年から2年の終わりまでは朝から夕方まで授業が多く週5で大学に通うことは普通です

3年から4年になると余暇時間が増えてバイトや遊びに行くなどして就職活動も余裕をもって行います

タイプ2:いっつも頑張り型

2つ目のタイプは各学年で平均的に授業を分散させるタイプの人です

このタイプの人は部活などの授業以外で時間を使う人に多く通年で週4日くらい大学に通う傾向にあります

私は典型的な2つ目のタイプで部活動のカリキュラムが大きく影響しました

そのため合間を縫って授業を入れたりしていたので通常は週4日多くて6日も大学に行きました

あくまで個人的な意見ですが暇を感じたことはなかったです

文系大学生の結論

結論は暇に出来るのもなくすのも全て自分自身の意思決定によって左右するということです

なにもやらなければその分、暇は作れますしとても楽な生活を送ることが出来ます

逆に部活動やゼミ留学などのイベントをやりたいとなると時間がとても惜しくなり4年間があっという間に過ぎてしまいます

その点においてはこのような自主性文系の大学生は特に考えなければならない問題であると思いました

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)