大学生なのにバイトしないやつはクズなのか?現役男子大学生の意見を紹介!

私の周りではほとんどの人がバイトをしています

割合としては9割くらいでしょうか

大学に入学するとたくさんの費用が掛かってきます

まず学費と交通費が基本となり自分がやりたいことが増えるたびに比例してその負担が増えていきます

したがって自分のやりたいことするためにはお金が必要です

お金を得るためにはバイトが一般的な常套手段となります

一方バイトをしない人を考えてみるとその様々な費用を親に負担してもらっています

私と同じ部活動の同輩に1人だけいました

親がかなりの収入があり子思いの場合は援助金という名目で一定額貰えるということです

バイトしない=クズとは言えない!

個人的には大学在学時にバイトしない人はクズであるとは言えません

なぜならその負担してもらった分を将来的に親に返す可能性があるからです

それは大学時点では分かりかねる点です

もしも返さない場合はクズ言っても間違いではないと思いますが客観的判断には至らない点が多いです

バイトしてない人の印象は?

部活動でバイトをしていない人はバイトしている人が多いグループ内に限って言えばかなりイジられており変な目で見られるあるいはネタにされる傾向が印象あります

一般的に大学入学から卒業までは一貫してバイトを行っている人は授業後の時間や休日に入れており逆に部活などで安定した日に予定を入れられない人は単発バイトを週に何回か行っています

バイトで落第?

バイトに精を出し過ぎて授業をおろそかにすることも少なくはなくそれが原因で落第になった人も見受けられました

よってお金を稼ぎたい欲が強くなる人は後々に落第分の単位を取得しなければならず面倒になることもあります

バイトは二の次

そもそもバイトの優先順位が低く部活動や留学ゼミナールに熱中する人は負担分全額を自分で払うわけではなく半分程度払ってもらう人も多いと考えています

私はバイトの優先順位を低めに考えていました。

部活動がかなりハードであったためバイトする時間が極端に少なく週に1日か多くて3日部費も尋常じゃないほど掛かっていたため親に肩代わりしてもらうことが多かったです

経験則から大学は4年間お金がかかるものと実感しました

特に部活動やその他の大学を利用しての活動を毎に費用が掛かるので正直バイトをしないと相当厳しい金銭状態になります

実際に4年になれば就職活動がスタートしてバイトが出来ない状況になります

就職活動に関わる交通費なども親に負担してもらったので自分の出来る範囲では何年もかけて返還することを考えています

結論は返すか?返さないか?

私の個人的な意見ですが大学は任意行くものなのでその4年間投資してもらった分は自分が会社に勤めて得た収入を最低限親孝行として返すことに努めたいと思っています

結局のところ大学在学時にバイトしないことはクズではないですが負担してもらった人が万が一いるのであれば将来に恩を返す意志がない人はクズであると考えています.

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)